名張青山健康情報番組 ときめき!まいにち元気

名張青山健康情報番組 ときめき!まいにち元気

わたしのまちの健康活動 国津(前半)
国津地区地域づくり委員会

わたしのまちの健康活動

野上峰(以下「野」):今回は、国津ふるさと館に来ています。さて、ここで国津地区地域づくり委員会会長、そして奈垣の区長でいらっしゃいます竹内定計(さだかず)さんにお話をお伺いしていきましょう。竹内さん、よろしくお願いいたします。

竹内さん(以下「竹」):こんにちは。

野:この国津地区というのは、名張の中ではどういった特徴のある地区なんでしょう。

竹:市街地から見て南東部にあります。比奈知ダムの上流にあり、青蓮寺ダムの水源地域に位置しておりまして、ほとんどが山林です。田んぼや畑、川があって、自然豊かで楽しい所です。

わたしのまちの健康活動

野:確かに自然は豊かですね、本当に。それに、この「くにつふるさと館」は木造で雰囲気がとてもすてきです。木工の部屋もありますね。これは、みなさんの意向で作られたんですか?

竹:ええ、例えば、名張には、つつじが丘、桔梗が丘などの、住宅地に住んでいる人がたくさんいますけれども、その人たちの出身地は大阪であったり、九州や四国から大阪・京阪神へ勤めに来られて、住まいを名張へ移された人が多いのではと思います。そういう皆さんにとっては、自分たちの故郷は遠い所にありますので、日常的に故郷へ帰った気持ちになっていただこうということで、国津地区全体を名張の人の故郷にしてはどうかと。
そして、自分たちも楽しく、国津地域を共に楽しんでいこうということで、「あららぎプラン」というのができました。この「ふるさと館」というネーミングも、名張市のふるさとでありたいということで考えたわけです。

野:若いお母さんたちにも非常に好評で、世代間交流もとてもうまくいっているように思います。
また、住宅地の人たちも、この辺りを散策コースにしていますよね。「森の学校」もできましたしね。

竹:特に、つつじが丘と国津地区は近いですので、朝6時くらいからいくつかのグループが散歩しています。また、スポーティーな格好で、地区の中をジョギングしておられます。健脚な人なら、つつじが丘からこの「ふるさと館」の前を通って、さらに青蓮寺ダムを通って、ずっと夏見の方まで回るコースもありますし、下比奈知から奈垣を通って神屋へのコースもありますので、森林浴をしながら健康作りをしているグループがたくさんあります。

野:そうですね。そして地域の人も、あいさつをされたり交流しているんですね。
これからも、国津地区はどんどん楽しくなりそうですね。

竹:はい。新しいものが大変好きですので、何か楽しいアイディアがございましたら、また国津の私たちに提案していただけたら、すぐにとはいかないですけれども、取り組んでいきたいと思います。よろしくお願いします。

野:ありがとうございました。今日は国津地区地域づくり委員会会長、そして奈垣区長の竹内定計さんにお話しをお伺いしました。ありがとうございました。

竹:ありがとうございました。

山本さんと健康体操(27) むくみ解消の体操

山本さんと健康体操

ナビゲーター 野上峰=以下「野」:「ときめき!まいにち元気」案内人の野上峰です。この番組は、みなさんが毎日元気に過ごせるように、気軽に行える体操や生活情報をお届けしています。そして、こちらのコーナーでは、月ごとのテーマに沿った健康体操を、整体師の山本さんに教えていただきます。よろしくお願いいたします。

整体師 山本利雄さん=以下「山」:お願いします。

野:さあいよいよ6月に入りましたね。

山:そうですね。先月5月は大型連休がありました。

野:ありましたね。また5月は田植えのシーズンでもありました。

山:そうですね、田植えも終わりまして、いよいよ6月ということで、梅雨時になってきますね。

野:そう、もう梅雨時。田植えをしている人にとっては恵みの雨でもあっても、何かやっぱり体がちょっとどんよりする感じがします。

山:はい、湿気も多くなりますのでね。

野:そう、湿気が増えると、むくむんですよね。

山:そうですね。

野:私は足がむくんだり、朝起きた時に顔がむくんでいたりします。

山:女性は特にむくみが気になるという人もいらっしゃると思います。

野:ほんとに、むくむとですね、ぐぅーっと体に水分が詰まったような感じになって、流したいんだけど流れないみたいな、そんな感じです。

山:そうですね、そういうこともありますので、今月前半は「むくみ解消の体操」をやりたいと思います。

野:教えてくださるんですね、よろしくお願いします。

山:まず頭に置いてほしいのですが、「むくみ」とはどういったことかというと、「体の中に水が溜まる」ということです。

野:そういうことですね。

山:ふだん水分をとっています。その水分が体の中のどこで蓄えられるかということですね。

野:どこなんでしょうね?

山:胃でしょうか腸でしょうか、どこに水のタンクがあるんや?と。

野:そう……でも今日私は足がむくんでいるので足かな?足のどこか。

山:そうなりますよね。体の中の水分を保有している場所というのは、実は「筋肉」なんですね。

野:え、筋肉。筋肉はじゃあ保水という役割もあるんですね。

山:はい。ですからそこをちょっと覚えておいていただくと、「あ、筋肉に保水しているならば、筋肉を動かすことが、このむくみ解消には役立つんだ」ということが、分かっていただけると思います。

野:あ、なるほどね、分かりました。

血行を良くするための準備体操

山本さんと健康体操

山:まず準備体操からです。
足首を振ったり、足首を前後に動かしたり、回したりしましょう。

野:これだけでも気持ちがいいです。

山本さんと健康体操

山:そうですね。これをやっていただくだけでもいいんですけどね、今回は予備運動としてやってください。

<体操①>つま先立ちの体操

山本さんと健康体操

野:椅子を用意しました。

山:なくてもいいんですが、ちょっと不安定になりますので、椅子を持ってもらってもいいですよ。かかとを浮かせてつま先立ちを繰り返します。それでしっかり筋肉を伸ばしてください。

野:ただ、上下するという感じでいいですね?

山:そうです。

野:これだと台所仕事をしながらでもできますね。

山:そうですね、こうやって上下していただくだけでも足の筋肉を使っています。
これがまず一つ目。

野:はい。

<体操②>スクワット

山:二つ目は、皆さんご存知のスクワットですね。

野:スクワット。

山:はい、スクワット。椅子を持っていただいても結構ですよ。
まず足を開きます。開いていただいて、ひざの出る方向は、このつま先の方向ですね。自然に腰を下ろしていくと、このひざはつま先方向に曲がっていきます。
ひざがつま先の向きと違う方向に向いていくというくせがある人は、ひざを故障しやすいので注意してください。

山本さんと健康体操

野:はい。足先の方向と同じ方向ですね。

山:そうですね。自然と向いていく方向でいいんですけどね。

野:結構ひざ周りにきます。

山:そうですね、ひざ周りに疲れがたまってくると思います。

野:はい。

<体操③>左右に体重移動の体操

山:今度は、両足をしっかり開きます。

野:はい、開きました。

山:それで、片ひざをグーッと曲げて腰を落としていきます。それで、もう片方は伸ばしたままね。

野:ちょっと待ってください。

山:屈伸しながら左右に体重移動を行う運動です。これを左右交互に行います。

山本さんと健康体操

野:足がつりそうです。こんな感じでしっかり伸ばす。できる人は早くやったらいいですか?

山:早くても遅くても結構です。

野:はい、どちらでもいいということで、しっかりと。

山:そうですね。いろんな足の動きってあると思うんですけれども、今日はこの三つをご提案させていただきました。
「歩く」でもかまいませんし、とにかく足の筋肉を動かしていただくことであれば、どういう動きでもいいんですけれども、参考にしていただければと思います。

野:はい、分かりました。

山:どの動きをやるにしても、フリップの「明」のように、ニコニコしてやってもらうほうがいいですね。

山本さんと健康体操

野:なるほど。

山:明るい気持ちで、顔はにこやかに。

野:はい。

山:ストレスがたまっていても笑顔を。作り笑顔でもいいです。
フリップ左側を意識してやっていただければと思います。

野:頑張り過ぎずに、楽しく、「水分出ていけー」という感じでやりたいと思います。
ありがとうございました。整体師の山本さんでした。

山:ありがとうございました。

ときめき!まいにち元気を応援しています