名張青山健康情報番組 ときめき!あしたも元気

名張青山健康情報番組 ときめき!あしたも元気

わたしのまちの健康活動 赤目(後半)赤目まちの保健室

わたしのまちの健康活動

野上峰(以下:「野」):今日は赤目市民センター内にあります、「赤目まちの保健室」にお邪魔しています。お話をお伺いするのは、酒井千恵美さんと村田良子さんです。よろしくお願いいたします。

酒井さん(以下「酒」)・村田さん(以下「村」):よろしくお願いします。

野:それでは、まず酒井さんにいろいろお話をお伺いしていきたいんですが、この赤目の地域というのはどんな特徴がある地域なんでしょう?

わたしのまちの健康活動

酒:はい。「赤目町いにしえまっぷ」で説明させていただきます。
赤目町は、名張市の南西部に位置しまして、関西方面からの玄関口になっております。神社や柏原城跡、また古墳などがあり、歴史的な町です。さらに、名張市の観光名所「赤目四十八滝」のある地域でもあります。

野:赤目滝の他にも、これだけいろんな観光名所があるんですね。そこには、どんな地区があるんですか?

酒:地区としましては、10地区あるんですけれども、昔からの地区というのが、丈六、相楽、一ノ井、檀、柏原、星川、長坂という7地区です。

野:では、新しい地区というのはどうなんでしょう?

酒:新しい地区は、新川と、赤目ヶ丘、すみれが丘という地区が新興住宅地として開発されています。

野:新興住宅街ということは、若い世代も入ってきて、地元の人たちとの交流などもあるんでしょうか?

酒:はい。あります。割合としまして、65歳未満の方と65歳以上の方が約半数ずつという割合になっていまして、世代間交流も積極的にされている地域です。

野:そうなんですね。
では、次に、村田良子さんにお話をお伺いします。赤目まちの保健室では、どんな相談が多いですか。

村:そうですね。高齢の方が「急に入院したんだけど」とか、「急に立てなくなったんだけど」という、ご家族からの「どうしたらいい?」というような相談が多いですね。

野:ああ、なるほど。急に何か体調の異変があったり、生活が変わるという時にどうしたらいいか分からないと。確かにそうですよね。

村:そうですね。そのために、介護保険の申請の手続きをさせてもらったりとか、状況によっては、自費はありますが、ベッドのレンタルの手配をさせていただいたりとかもしています。

野:そういうご相談業務というのが一つですが、その他に、まちの保健室として何か活動はやっておられるんですか?

村:地域の行事への参加をしていたり、各地区のサロンに出向いて、健康や消費者被害の啓発活動などもさせてもらっています。

野:消費者被害の啓発も。そんな事もされているんですね。具体的には、どんな内容なんでしょう?

村:振り込め詐欺など、最近多いですけれども、「こういう手口が最近出てきているよ」と注意を呼びかけさせてもらったりですね。

野:他のサロンにも出向いてとおっしゃっていましたが、どんな事をされているんですか?

村:前年度からは、市民センターの講座とまちづくり福祉部などと一緒になって、各地区の区長さんの協力をもとに地区の集会所に行って、指導の先生を招いて健康教室を開いたりもしています。

野:その他には何か活動がありますか?

わたしのまちの健康活動

村:あとは、子どもの広場ですね。月に1回「忍たま広場」というのをやっていまして、ここにも参加してもらって体重測定などもさせてもらっています。

野:最後に、今後の取り組みについて、酒井さんにお伺いします。

酒:今後も、各地区の集会所へ出向いて、健康講座を開くということに取り組んでいきたいなと思っております。各区長さんにも、かなり協力いただいておりまして、各地区でやることで地区の方が参加できるというメリットも大きいです。ぜひみなさんに参加していただいて、健康について学んでいただけたらなと思います。
また、同時に若い世代の方も一緒に参加できるような取り組みも、今後していきたいなと思っております。

野:今回は、赤目まちの保健室の酒井千恵美さんと村田良子さんにお話をお伺いしました。どうもありがとうございました。

酒・村:ありがとうございました。

山本さんと健康体操(20)正月太りを解消する体操(後半)

ナビゲーター 野上峰=以下「野」:「ときめき!あしたも元気」案内人の野上峰です。この番組は、健康のために気軽にできる体操や生活情報をお届けしています。
こちらのコーナーでは、月ごとのテーマに沿った健康体操を、整体師の山本さんに教えていただきます。よろしくお願いいたします。

整体師 山本利雄さん=以下「山」:お願いします。

野:2月の前半では、背中にタオルを当てて胃のもたれを解消するという体操を教えていただきました。今回も、正月太りを解消する第2弾として教えてください。

山:はい。お正月には鏡餅を飾ったという方も多いと思います。その鏡餅がなんかいつの間にかどこにいったかな?と思ったら、おなか周りに来ちゃったみたいな。

山本さんと健康体操

野:お餅を食べて食べて鏡餅になりましたという方、いらっしゃるかもしれない。

山:そこで、ウエストを中心に正月太りを解消していきたいなということで。

野:解消できる体操なんですか。いや、うれしいですね。

山:ちょっと真面目にやっていただくと、ウエストが縮むんですよ。

野:真面目にやるとね。分かりました、真面目にやります。

山:ぜひ真面目にやっていただきたいと思います。

正月太りを解消する体操

山:早速、上向きで寝ていただきます。

野:分かりました。

山:両手を横に開げて、両足をそろえて持ち上げます。

山本さんと健康体操

野:どれ位まで?

山:まっすぐ上までいける人は上げてもらったらいいし、まず、こう斜めになる所まで下げてみますと、これは負荷がかかりますよね。

野:お腹がプルプルしています。

山本さんと健康体操

山:きつくなりますよね。上げるとここはどうですか。まだちょっと軽くなりますよね。

野:まだ少し先程よりも楽ですね。

山:これでも、きつい方はちょっと膝を曲げます。だんだん膝を曲げていくごとに楽になると思います。

野:楽になりますね。

山本さんと健康体操

山:ご自分のできるところで進めてください。まずできる方は、まっすぐに伸ばした状態でこのまま両方に倒してみます。ぐーっと。床につかないように。

野:つかない!?

山:で、上げていきます。

野:よいしょ、よいしょ。

山:それじゃ、膝を曲げたバージョンもしてみましょう。膝を曲げた上で、足を開いてみましょう。V字。これで、ちょっとやってみてもらっていいですか?

野:あっ、少し楽ですね。でも、上げる時がよいしょ。

山:これを、左右に、ちょっとリズミカルに。トントントントンという感じのリズム。
ちょっとやってみてください。きつい人は、V字に開いていただいても結構です。

野:よいしょ。V字に開くと、片方を先に上げた勢いで、もう一方を持ち上げる感じですよね。

山:振っていただくような感じ。これを、まず10往復ですね。

山本さんと健康体操

野:10往復ですね。分かりました。

山:リズミカルに10往復。そうすると、結構息が切れてきます。

野:はい。

山:しゃべれないですね。

野:しゃべれない。ちょっと休憩。

山本さんと健康体操

山:その休憩の時に、足を下ろさないで、もうちょっと足を上げた状態で。
左右に開いて閉じて。開いて閉じてですね。

野:休憩でも作業するわけですね。これは楽ですね。

山:開いて閉じてを10回くらいやってもらいます。

野:結構腰にしっかりきます。あ、太もも辺りにもくる。

山:足の開閉をしながら息を整えてもらって、それからもう一度先ほどやりましたリズミカルに左右に10往復ですね。きつくなってきたら膝を曲げてもらってねじります。

野:それぞれ負担のない程度に、皆さんやっていただいて。

山:この運動は、動きが大きければ大きいほど効きます。おなかのちょうど真ん中の所が腹直筋(ふくちょくきん)。腹横筋(ふくおうきん)というのが、この横ですね。それから腹斜筋(ふくしゃきん)というのが斜めのお腹の筋肉です。この三つの筋肉に働きかけます。

野:いろんな筋肉があるんですね。

山:三つの筋肉をきたえて、ウエストが引き締まるという形になります。

野:分かりました。

山:お疲れ様でした。

野:ありがとうございました。よいしょ。立つのもよいしょですね。

山:今回は、今までやってきた中でもかなりきつかったと思います。

野:いや、もう、かなりきつくなりました。でも、これを少しずつできるようになって、真面目にちゃんとやれば、ウエストがキュンとなるってこと。

山:もう、確実に確実に締まりますので。

山本さんと健康体操

野:分かりました。春に向けて、頑張って体操を続けていきたいと思います。
では、皆さんも無理のないように、このフリップの明るい方の気持ちで、そして気持ちのいい、でもちょっと頑張るという所でやっていただければと思います。
整体師の山本さんでした。どうもありがとうございました。

山:お疲れ様でした。

ときめき!あしたも元気を応援しています