移転後初めて滝川郵便局で防犯模擬訓練

12月6日(水)、名張市赤目町にある滝川郵便局で、防犯模擬訓練が実施されました。

この訓練は、日本郵便株式会社 東海支部の名張と名賀部会が、名張警察署の協力を得て、所属する15の郵便局で毎年実施している訓練です。

今年は、移転し新しくなった滝川郵便局で郵便局強盗の模擬訓練と特殊詐欺と疑われる場合の対処法の訓練が行われました。

訓練には、郵便局員18人と名張警察署員6人が参加し、強盗事件や特殊詐欺が発生した際の、「迅速な通報や適切な対応などの基本動作」、「強盗に入られないような郵便局作り」などについて学びました。

なお、このあとは、場所を赤目市民センターへ移し、名張警察署からの防犯訓練後講評が開かれたということです。

また、この様子は、動画で
ケーブルテレビ201chちゃんねるADS
「ADSニュース火曜号」12月12日(火)19:00~初回放送(再放送有)
の予定です。 そちらも是非ご覧ください

 

戻る