上久保選手 タイトルマッチにむけて

来る11月17日(金)、大阪で、ボクシング、日本ライトフライ級タイトルマッチが予定され、名張市出身の上久保(かみくぼ)選手がベルトを狙います。

上久保タケル選手は大阪府にある井岡弘樹ボクシングジムに所属するプロボクサーです。

名張市夏見出身で名張市立赤目中学校在学時からボクサーの道を目指し、平成26年にライトフライ級でプロデビューしました。

これまでに15戦13勝8KOという成績をおさめ、21歳となった今年、エディオンアリーナ大阪で初のタイトルマッチに臨みます。

元2階級世界王者の井岡弘樹(いおか・ひろき)会長に直接、ボクシングの道を示されたと話す上久保選手。

試合への意気込みを聞くと、「今回の試合に勝つと僕の目指している『世界』が手の届く位置に入るので、絶対に勝って、日本のベルトと世界ランキングを奪う。それしか考えてないです」と力強く答えていました。

上久保タケル選手が臨む日本ライトフライ級タイトルマッチは11月17日金曜日、エディオンアリーナ大阪、第2競技場で行なわれます。

是非、みなさんで地元出身の選手を応援しましょう。

また、この様子は、動画で
ケーブルテレビ201chちゃんねるADS
「ADSニュース火曜号」11月14日(火)19:00~初回放送(再放送有)
の予定です。 そちらも是非ご覧ください

戻る